ホーム > ヨシザキのつぶやき

ヨシザキのつぶやき

ハナスキ魚沼9月勉強会 「話し合いのフレームを考える〜グランドルール〜」

勉強会の成果物/自分の現場向けのグランドルールを作成

勉強会の成果物/自分の現場向けのグランドルールを作成

9/10火曜日、ハナスキ魚沼9月勉強会が開催されました。今回のテーマは「みんなが満足する話し合いのフレームを考える」。具体的には「グランドルール」を考察しました。

グランドルールを翻訳すると「行動規範」なんていう難しい言葉になります。「ルール」という言葉から厳格に考えてしまいがちですし、「〜しなければならい」的な発想になりがちです。

話し合いや会議で活用して欲しい「グランドルール」は「共有すべき目標」であり、「理想的な状態へのスローガン」といったところでしょうか。

写真は、ある参加者が作成した「グランドルール」です。参加者全員で作成したグランドルールは、各自が現場で使用し、その有効性を評価、そして改善案を次回持ち寄ることにしています。来月が楽しみです。

ハナスキ魚沼 10月勉強会 テーマは「話し合いの流れを見極めるスキル」 主に「プロセスデザイン」を考察します。

協同学習/スペンサー・ケーガンの4つの指標からグループワークの妥当性を考える

専門家グループでの学びを考察グループで共有する参加者

専門家グループでの学びを考察グループで共有する参加者

偶然目にした新聞の告知欄。「ワークショップ」という文字が目に留まり、ダメもとで出したメール。対象外の私を快く迎えて下さった主催者のご好意。そんな偶然が重なり、今春ファシリテーター吉崎はある教育手法に出会うことができました。

そのワークショップのテーマは「協同学習(cooperative learning)」(主催者/大場浩正先生・上越教育大学)。たった2時間でしたが、ファシリテーター吉崎にとっては、鳥肌が立つくらい重要な学びを受け取ることができました。

協同学習について、Johnson,Johnson,&Holubec(1993)は次のように定義しています。

続きを読む

初体験「第23回参議院議員通常選挙公開討論会」のルールと流れ

koukaitoronkaiいよいよ明日「第23回参議院議員通常選挙」が公示されます。「争点は景気・雇用対策」と答えた党首がもっとも多いようで、アベノミクスの評価を巡り舌戦が繰り広げられることでしょう。

参議院選挙の場合、新潟県全体が選挙区となるため、(あまりに広すぎて)すべての候補者の肉声を聴けることはまずありません。
そんな折、「第23回参議院議員選挙通常選挙公開討論会」がリージョンプラザ上越で開催されたので行って来ました。

ファシリテーター吉崎利生の興味は、立候補予定者の人となりや主張もさることながら、「公開討論会」の運営でした。特に8名の立候補予定者をどうやって平等に扱うかを見たいと思いました。90分の討論会を通じて感じたことは、徹底した時間管理と話し合いのルールの遵守です。以下は当日のプログラムです。

続きを読む

光壽無量 良い年でありますように

Copyright by Ai Kusunoki(楠 愛/雪椿)

Copyright by Ai Kusunoki(楠 愛/雪椿)

新年あけましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願いいたします

久しぶりのブログ更新です。一昨年から昨年までいろんなことがあり、ブログ更新もままならずご迷惑とご心配をおかけしました。お陰様で、ファシリテーター吉崎利生は元気に活動しています。

昨年の活動を振り返ると、今までのご縁や偶然の出会いが繋がり、たくさんの貴重な経験をさせて頂きました。昨年体験した3つの大きな出来事をご紹介します。

続きを読む

ファシリテーションって何?を感じさせてくれる「コンセンサス(直接民主制@ウォール街占拠)」


まだ記憶に新しい「Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ!/以下はOWS)」というムーブメント。以前ファシリテーター吉崎は、合意形成の手段として使われている「General Assembly(全体集会の意/以下はGA)」の詳細をレポートしました。(その記事はこちらから

今回ご紹介する映像では、OWSにおける全体集会(GA)の様子や運営方法、参加者同士が堅持しようとしている合意の理念が解説されています。

その言葉をかみしめると、ファシリテーションの根底に流れる哲学ファシリテーターとしての在り方(How to be)が理解できると思います。また、ハンドシグナルや人間マイク、スタック表の取りまとめ、GAとワーキンググループとの協働の仕組みは、大規模集会の運営や場づくりへの貴重なサジェスチョンになるでしょう。

以下はファシリテーター吉崎がチョイスしたコメントです。

続きを読む

全16 ページ«12345»...最後 »

ホーム > ヨシザキのつぶやき

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン4】ハナスキ十日町1月勉強会(1/11)

「絶対に解決する話し合いのテーマを創るスキル」(イシューづくり)

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®ベーシックセミナー(2018第1回新潟市)(2018/1/20)

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第33回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(12/26)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ