ホーム > ヨシザキのつぶやき

ヨシザキのつぶやき

14/05/22 妙高市「現状を分析し課題を絞り込むスキル」参加者募集中

ハナスキ妙高_4月毎月妙高市で開催している「話し合いのスキル勉強会in Myoko(ハナスキ妙高)」、5月の勉強会をご案内いたします。

今月のテーマは「現状分析からのイシューづくり」です。具体的には、フレームワークを用いて話し合うべき課題を発見するスキルを学びます。
使うフレームは「4分割のフレーム」。このフレームを活用し、現状分析から課題を抽出、イシュー(解決すべき話し合いの争点/論点)を絞り込んで行きます。

効率的で効果的な話し合いを行う為には、最適なイシューを複数つくり、セレクトし、プロセス化することが求められます。今回は「つくる〜セレクトする」を中心に学びます。 妙高市および上越市中郷区/板倉区にお住まいの方、通勤されている方は是非ご参加ください。お待ちしています。

テーマ 「現状を分析し、課題を絞り込むスキル」(現状分析からのイシューづくり)
開催日 2014年5月22日(原則/毎月第3木曜日)19:00~21:00(受付は18:30)
定 員 20名くらい(妙高市および上越市中郷区/板倉区在住の方、もしくはお勤め方に限ります/先着順)
参加費 1,000円(当日払い)
会 場 妙高市ふれあい会館 2階会議室(妙高市上町9-1)
主 催 NPO法人 ゆめきゃんぱす(担当:児玉)
(妙高市中町4-16 電話0255-70-6511 FAX0255-70-6518 yume2004@valley.ne.jp)
お申込方法
  • タイトルを【ハナスキ妙高5月申込み】とし、本文に「お名前/すぐに連絡がとれる電話番号/メールアドレス/職業または活動分野」を明記し、yume2004@valley.ne.jpに送信してください。
  • また、このブログの「お問い合せ」からお申込みいただくことも可能です。

ハナスキとは…
ファシリテーター吉崎利生が提唱する地域限定型人材育成事業「話し合いのスキル勉強会」の略称。2013年8月魚沼市から始まり、2014年5月現在、上越市/妙高市/魚沼市/十日町市の4市で開催されている。開催地で活動するNPOと協働し、毎月1回平日夜2時間、「多世代多職種による学び合いの場」をつくり、様々な分野の「支援型リーダー(ミーティングファシリテーター)」を要請するプロジェクト。

14/05/07 ハナスキ十日町「時間どおりに話し合いを終了させるスキル」参加者募集中

140507_十日町04_後援入り日々仕事や活動の中で行なわれている「話し合い」や「会議」を円滑に、効率よく、効果的に進めるためのスキルを学び合う「話し合いのスキル勉強会」(略称はハナスキ)。新潟県内で4つ目の会場として「ハナスキ十日町」がスタートいたします。

1回目のテーマは「時間どおりに話し合いを終了させるスキル」。ガイダンスも予て、話し合いを構成する3つの要素とタイムマネジメントの基本を学びます。

ファシリテーター吉崎利生は、新潟県内の地縁団体や企業、学校、様々な団体の話し合いや会議の質が向上し、行動の質が高まることで、よりよい結果が生まれ、地域がよくなると信じています。
そんな思いを実現するためには、各地のNPOや市民団体と協働し、「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催しています。

ハナスキ十日町の主催は、一昨年くらいからご縁のある「市民活動ネットワークひとサポ」の皆様にお願いいたしました。(ひとサポさんの公式HPはこちらから
新潟県十日町市および津南町の皆さん、是非ご参加ください。

テーマ 「時間どおりに話し合いを終了させるスキル」(タイムマネジメント
開催日 2014年5月7日(原則/毎月第1水曜日) 19:00~21:00(受付は18:30)
定 員 20名くらい(十日町市および津南町在住の方、お勤め方に限ります/先着順)
参加費(資料代) 1,000円(当日払い)
会 場 十日町市中央公民館 第4集会室(十日町市学校町1丁目 Tel:025-757-5011)
主 催 市民活動ネットワーク ひとサポ(十日町市本町2丁目十日町市役所本町分庁舎1階 Tel:025-761-7444)(担当:大淵)
お申込方法 お名前、すぐに連絡がとれる電話番号、メールアドレス、職業または活動分野を明記し、タイトルを「ハナスキ十日町申込み」とし、「infoアットマークhitosapo.info」にメールでお申込ください。このブログのお問い合せからお申込みいただいてもOKです。
  • コメントは受け付けていません: 0
  • トラックバックは受け付けていません: 0

札幌市/慶應義塾大学DP研究センター共同プロジェクト「雪とわたしたちのくらし(討論型世論調査)」にモデレーターとして参加

14sapporo_aboutdp日本で7回目となる討論型世論調査(Deliberative Polling)が2014年3月15日に札幌市で開催されました。(詳しくはこちらから)討論型世論調査(以下DP)は、無作為抽出された札幌市民が一同に会し、バランスのとれた資料に基づき、2回の「小グループ討論」と2回の全体会議の前後にアンケートに回答し、意見や態度の変化をみる調査手法です。(DPの仕組みは左の資料をご覧ください)
ファシリテーター吉崎利生はBグループのモデレーター(司会者)として13名の皆さんをサポートしました。

今回のDPは「雪とわたしたちのくらし」と題して、札幌市が抱える「雪問題の現状」と「これからの雪問題の対策」をテーマに話し合われました。 雪に関する問題は、札幌市が毎年実施している「市政世論調査」の35年間、市政に関する要望の第1位となっているそうです。(2009年は除く)

「討論資料」を読めば読む程、寒冷地であり大都市である札幌市が抱える雪問題は、財源不足や事業者の現象、市民の高齢化や人口減少といった社会問題を反映していることに気がつきます。今回のDPは政令指定都市での初開催であり、初めて市民生活に密着したテーマを扱ったものでした。

当初、参加される皆さんは現状の雪問題に対して「札幌市へのクレーム大会」になるのではないかと危惧しましたが、ファシリテーター吉崎利生が受け持ったBグループの皆さんは、除雪/排雪の苦労や現状について非常に和やかに意見交換をされていました。雪国ならではの共同体意識なのか、過去のDPに比べて落ち着いた雰囲気だったと感じました。

今後調査結果が発表されると思いますが、これを機会に札幌市の皆さんが雪問題を受け止め、考える機会が増えることを期待したいと思います。またファシリテーター吉崎利生は、地域の社会問題について「意見交換できる場づくり」を進めていく必要性 を強く感じ、DPやDPの基となる「話す/聴く/考える」機会を創っていこうと思いました。

「雪とわたしたちのくらし」討論資料と実施アンケートは、以下のページにアップされています。
http://www.city.sapporo.jp/somu/shiminnokoe/dp/index.html(こちらからリンク

誰でもできる会議のマネジメント手法「グランドルール」

話し合いの課題をひっくり返すせば、グランドルールになる

話し合いの課題をひっくり返すせば、グランドルールになる

去る3月2日に三条市主催のまちづくり講演会で2時間程お話させていただきました。タイトルは「人を巻き込むための楽しい会議・話し合いの方法」です。(くわしくはこちらから

参加された方は、1/3が地域づくり団体、1/3が様々な市民活動団体、1/3が一般市民や学生の方といった内訳で、30名を越える方々が熱心に聴講さました。

ファシリテーター吉崎がお話した内容とは…

  • 楽しい会議とは、参加者が満足した会議である。
  • 参加者が満足した会議とはどんな会議なのだろうか?
  • 話し合いを構成する3つの要素から、何をどうすればよいかをイメージしてみる。
  • 話し合いのフレームをつくることで、話し合いをマネジメントできる。
  • 中でも「グランドルール」を上手に活用すると話し合いが上手くいく。

このような流れから、参加者各自が自分の現場にあったグランドルールをつくってもらいました。作成したものをご紹介すると…。

  • 人が意見を言っている時に意見をはさまない
  • 会議の最後に決まったことを再確認する
  • 一人ひとつ意見を言う
  • 楽しく話す
  • 一人ひとりが意見を持ち、発言するようにしよう
  • 人の意見にはうなずこう!
  • 分かりやすい言葉を使おう!
  • 時間内に終了させましょう

つくり方はいたって簡単。問題点を是正するような表現、もしくは理想的な姿を表現にすれば「グランドルール」になります。このブログを読んでいる皆さんも是非お試しください。

2013年をふりかえる

2013ending_photo今年も残すところ数十分となりました。皆さんにとって2013年はどんな一年だったでしょうか?
2013年の活動をふりかえりながら、2014年を展望してみたいと思います。

ファシリテーター吉崎利生、2013年の出来事(順不同)

  • ハナスキプロジェクトが8月より始動する! 「話し合いのスキル」を新潟県南部に広める活動がスタート。現在は上越、妙高、魚沼会場があり、春からは糸魚川、十日町が加わる予定。
  • ホワイトボード・ミーティング チーム上越結成!ちょんせいこさんのセミナーで小学校教員の今井さんと出会い、チーム上越を結成する。12月までに練習会プレを3回開催。2014年も月一開催し、秋には上越でちょんせいこさんのセミナーを開催予定。
  • 協同学習という教育技法に出会う! 特に「スペンサー・ケーガンの4つの指標」はグループワークの妥当性を自己評価する大切な基軸になった。プログラムデザインのヒントを沢山得ることができた。
  • 「ジグソー学習」を取り入れた「社会人向け学び合いワークショップ」を開催! FAJ新潟サロンの7月例会のMFとして、多世代にわたる社会的な課題に対して、4人ひと組で解決にあたるセミナーを開催し、大好評だった。
  • 新潟大学夢立国プロジェクトに学外ファシリテーターとして参加! 参加者100名以上、20名を越えるテーブルファシリテーターと5名のファシリテーターをオーガナイズする貴重な経験を得た。
  • 新潟県主催「ワークライフバランス推進リーダー養成講座」の講師に! 新潟県を代表する企業が参加し、ワークライフバランスを業務改革ベースで考察するWSを2度開催した。TOCfEのアンビシャスターゲットツリーを活用したことで、スムーズにアクションプラン策定まで導くことができた。
  • 糸魚川市能生の上南地区に農家レストラン「ひだまり」がオープン! 地域づくりプラン策定に関わった夢が現実になった。竣工式に出席し、関わった地域の皆さんと苦楽を分かち合うことができた。
  • 東京や名古屋に遠征し、たくさんのセミナーやワークショップに参加。すばらしい人たちに出会った ちょんせいこさん、大場浩正先生、津村俊充先生、上井雄太さん、松原幸夫先生、加藤彰さん、FAJ新潟サロンの皆さん、市民活動ネットワークひとサポさん、NPO法人希楽々さん、NPO法人ゆめきゃんぱすさん、NPO法人くびき野NPOサポートセンターさん、NPO法人新潟NPO協会さんetc…ご教示ご厚情ご支援ありがとうございました。

ファシリテーター吉崎利生は、2014年も新潟県内の企業や団体、地域に話し合いのスキルを学ぶ機会を提供し、様々な課題解決の場を支援していくつもりです。たくさんの皆さんと出会うことを楽しみにしています。来年もどうぞ宜しくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。ありがとうございます。

全16 ページ«12345»...最後 »

ホーム > ヨシザキのつぶやき

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン4】ハナスキ十日町1月勉強会(1/11)

「絶対に解決する話し合いのテーマを創るスキル」(イシューづくり)

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®ベーシックセミナー(2018第1回新潟市)(2018/1/20)

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第33回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(12/26)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ