ホーム > ヨシザキのつぶやき

ヨシザキのつぶやき

「2017中津川フューチャーセッション〜胸おどるような未来を語ろう」開催しました!

21430249_321069141692139_5966412018493487184_n栗きんとんの発祥の地、付知川の鮎、東濃桧で有名な岐阜県中津川市。10年後には「リニア中央新幹線」の岐阜県駅と中部総合車両基地が中津川市内の丘陵地にできることが決まっています。
一般社団法人中津川青年会議所はこれまで、「リニアを活かしたまちづくり」を様々な角度から提言してきました。本年は、リニア開通10年後(今から20年後)の中津川をイメージし、まちづくりの担い手を育成するため、「2017中津川フューチャーセッション」と題した「未来志向型会議」を企画。ファシリテーター吉崎利生は、そのプロセスデザインとファシリテーターを務めました。

<プログラムの流れ>10:00~17:00

  1. イントロダクション…………….目的とゴール、グランドルール等を共有する時間
  2. チェックイン………………………今日どんな人が集まっているか?ゲーム形式で自己紹介
  3. トークセッション……………….子供や孫に伝えたい中津川のいいところ、好きなところをマッピング
  4. ストーリーテリング…………….20年後の中津川の輝かしい未来を自由にイメージしてみる
  5. マグネットテーブル……………..イメージしたものをくっつけて、未来編集チームを結成!
  6. 未来新聞編集会議………………..20年後の受け取りたい未来のイメージを「新聞」という形で表現する
  7. プロジェクト会議………………..発行した新聞記事をどうやって実現するか具体的に考えてみる
  8. プレゼンテーション…………….チーム毎に発表
  9. 表 彰 式………………………最優秀チームを発表
  10. ハーベストタイム………………..参加者一人一人が「中津川の受け取りたい未来」をイメージした感想を発表

当日は、市内7校から20名以上の高校生と市内企業から20代30代の社会人が参加。青年会議所メンバーと一緒に終始和気藹々とした雰囲気で進行。とっても興味深い「中津川の受け取りたい未来」が表現されました。
作成された未来新聞は中津川青年会議所まちづくり委員会によってWeb上で公開、ならびにアンケート調査が行われています。是非ご覧ください。
「2017中津川フューチャーセッション」の結果報告&評価アンケート   リンク先はこちらから
ファシリテーター吉崎利生は、フューチャーセッションやOST、ワールドカフェなど、イノベーションを進める未来志向型&解決志向型会議も得意としています。開催を希望される皆さん、是非ご相談ください。

皆様方にとって、幸多き年となりますように!【2017年のスケジュール】

北山善夫-08新年あけましておめでとうございます。2017年もどうぞ宜しくお願い致します。

ファシリテーター吉崎利生は2017年も、企業や団体、学校や地域に支援型リーダー(ファシリテーター)を1,000人養成し、人材の インフラづくりに貢献していきます。以下、今年の予定です。

  • 「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を十日町市、糸魚川市にて開催を継続。また、新潟県内で新たに2会場をスタートすることを目標にします。(主催したい方は是非お問い合わせください)
  • 「ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会(新潟上越)」を毎月第4火曜日に定期開催します。(4年目/会場は町家交流館高田小町)
  • ちょんせいこさんによる「ホワイトボード・ミーティング®上越2daysセミナー」を7月1日と2日に開催します。(4年連続/会場は未定)
  • 「ホワイトボード・ミーティング®検定試験 Basic3級」を新潟県内で2回開催します。6月4日(上越市/会場は未定)、11月19日(新潟市/会場は未定)で開催します。
  • 「ホワイトボード・ミーティング®」ベーシックセミナーを新潟市(計5回)、上中下越地方で各1回ずつの開催を予定しています。
  • 課題解決のプロ会議ファシリテーターとして、あらゆる分野のプロジェクトに関わり続けていきます。(持ち越し案件が2つ)

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

16/02/03十日町市「発想を促し、意見を整理するスキル」参加者募集中!

160203_十日町毎月第1水曜日、新潟県十日町市で開催している「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ十日町)」。2月のテーマは「発想を促し、意見を整理するスキル」、フレーム(枠)と言われる図形や線を用いた話し合いの支援技法を学びます。

アイデア発想やブレインストーミング等の発散型会議を行うとき、運営する側には様々な問題が見受けられます。

  1. そもそも発散することができない。
  2. 発散しきれない。中途半端である。
  3. 発散しすぎて、まとめられない。

当日はこのような問題を解決する方法を体験から学んでいただきます。
会議をしない方、主催者にはならない方でもお仕事や活動に活かせます。ぜひご参加ください。

  • 日 時 2016年2月3日(水) 19:00~21:00(受付開始18:30~)
  • 会 場 ふらっとステーション(十日町市本町通り/十交タクシー様隣)
  • 定 員 20名(事前申込み歓迎)
  • 講 師 吉崎利生(会議ファシリテーター/ハナスキプロジェクト主宰)
  • 参加費 1,500円(当日払い)
  • 主 催 NPO法人市民活動ネットワークひとサポ(担当:門脇さん)
  • 申込み タイトルを「ハナスキ十日町申込み」とし、本文に「お名前/職業または活動分野/連絡先/メールアドレス」をご記入の上、info@hitosapo.infoまでメールでお申し込みください。

「まわしよみ新聞」で育もう「対話力」と「表現力」

完成まで約80分でした

完成まで約80分でした

2016年最初のワークショップは「まわしよみ新聞」でした。
「まわしよみ新聞」とは、むつさとし氏(観光家/コモンズ・デザイナー/社会実験者)が2012年に開発した「メディア遊び」です。(詳しくはこちらから
「いつでも、誰でも、どこでもできるコモンズ・デザイン」なので、原作者の氏名やタイトルを提示することを条件に、どなたでも使用出来るオープンソースなのです。

facebookを通じて偶然「まわしよみ新聞」に出会ったファシリテーター吉崎利生は、すぐに「まわしよみ新聞のす丶め」を購入。 シンプルな進め方と奥深い背景に感動しました。
「まわしよみ新聞」のおもしろいところは…

  • 情報の受け手側にいることが多い私たちが、発信者側になれる。(だから「メディア遊び」というキャッチフレーズがある)
  • 切り取られた記事と切り取った理由を参加者同士が交換することで、知的なコミュニケーションが生まれ、合わせて様々な気づきが得られる。
  • ゆるやかな合意形成から記事を選択し、レイアウト、紙面づくりすることは、すごく創造的な作業であり、世代や職業の壁を超えたワクワク感が感じられる。
  • 少人数(2人以上)でも何百人(リミットなし)でも出来るシンプルな設計。多分小学生から高齢の方まで誰でも一緒にできる敷居の低さ。
  • 知らない人同士、異年齢、全く接点がない職業の方同士が編集局となれば、化学反応が起こり、素晴らしい学び合いの場となる。

1回目のワークショップを十日町市「フォルトネット」に集う若者たちと行いました(同団体についてはこちらから)。
参加者の皆さんにも大好評。小学校での実践に向けたアイデアも聞かれ、提案した方はうれしい限りです。
是非ご活用ください。

15/06/03十日町市「皆が満足する話し合いの場づくりスキル」

140603_十日町毎月第1水曜日夜に定期開催している「話し合いのスキル勉強会 in Tokamachi(ハナスキ十日町)」。6月は「話し合いの場づくり」、介入しないファシリテーションスキルを学びます。

ファシリテーター吉崎利生が考える「場づくりスキル」は、大きく2つあります。1つは「空間レイアウト」、もう1つは「会議フレームの明確化」です。
今回のハナスキ十日町では「会議フレームの明確化」、とくにグランドルールづくりについて体験から学んでいただきます。

ハナスキ十日町は、職業と世代をミックスした「多職種、多世代の学びの場」です。同じ生活圏で活動する社会人同士が他者と交流することで学びを深めることが可能になります。お気軽にご参加ください。

  • 日 時 2015年6月3日(水)19:00~21:00(18:30~受け付け開始)
  • 会 場 ふらっとステーション(十日町市本町2丁目220番地/十交タクシー様隣)
  • 定 員 20名くらい(要申し込み/先着順)
  • 講 師 吉崎利生(会議ファシリテーター/ハナスキプロジェクト主宰)
  • 参加費 1,500円(当日払い)
  • 主 催 市民活動ネットワークひとサポ(担当:大渕)
  • 後 援 十日町市/十日町教育委員会/津南町教育委員会
  • 申込み タイトルを「ハナスキ十日町申込み」とし、本文に「お名前、職業または所属、連絡先、メールアドレス」を記載の上、info@hitosapo.infoまでメールでお申し込みください。カチラボの「問い合わせ」からお申し込みも可能です。
全16 ページ12345»...最後 »

ホーム > ヨシザキのつぶやき

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン4】ハナスキ十日町1月勉強会(1/11)

「絶対に解決する話し合いのテーマを創るスキル」(イシューづくり)

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®ベーシックセミナー(2018第1回新潟市)(2018/1/20)

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第33回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(12/26)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ