ホーム > ヨシザキのつぶやき > 地域の元気づくり活動補助金 交付金額決定しました

地域の元気づくり活動補助金 交付金額決定しました

ファシリテーター吉崎が「公開審査会に向けた模造紙の書き方とプレゼン講座」で関わった妙高市地域の元気作り活動補助金ですが、5/22に交付金額が正式決定され妙高市公式HPに掲載されました。(妙高市HPの掲載ページへはこちらから)
PDF書類をダウンロードしていただくと団体別交付金額がご覧いただけます。

ご覧のように補助金の交付率は、申請額の50%から80%まで幅があります。
これは各団体が公開審査会(審査会の様子はこちらから)で得た総得点率から算定されたもので、限られた予算を公平に配分する「苦心の策」といったところでしょうか。
3団体の方から交付金額について感想を伺いました。

  • Aさん  満額いただけてうれしいです。しっかりと事業に取り組んでいきます。(小さな成功体験事業に申請)
  • Bさん  全額もらえると思っていたため、ちょっとショック。でもがんばります。(地域のやる気事業に申請)
  • Cさん  予想以上にいただけたのでメンバーみんなで驚きました。この盛り上がりを事業に繋げたいと思います。(地域のやる気事業に申請)

その他の団体の皆さんも、この決定を受け事業計画の練り直しに苦心されることでしょう。
でも、変化に対応してこそ団体の力になると思います。
是非、目標達成に向けてがんばって、そして楽しんで事業を進めてください。
私でよければ、いつでもアドバイスいたしますよ。

コメント

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/diary/393/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
地域の元気づくり活動補助金 交付金額決定しました from カチラボ

ホーム > ヨシザキのつぶやき > 地域の元気づくり活動補助金 交付金額決定しました

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【上越市】ホワイトボード・ミーティング®フェア 2019 in 上越(7/6)

詳しくはこちらから

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ