ホーム > セミナー参加者の声 > 多忙感解消の為の会議術セミナー参加者の声より

多忙感解消の為の会議術セミナー参加者の声より

平成20年(2008年)11月19日に行われた教育関係者向け「多忙感解消の為の会議術セミナー」における主催者様編集の評価シートより、受講者の声を集めました。

以下アンケートより抜粋

Q:研修のねらいは達成できたか?

  • 我々自身が実感できるよい研修であった
  • 活性化に向けて、突拍子も無いことまで検討でき、ためになりました。突拍子もないことが、案外見方を変えるきっかけを作る気がしました

Q:コミュニケーションを図りながら合意形成を行っていく体験型の研修手法について

  • 新鮮でした。2回でなく3回繰り返すことに意味があった。4回では飽きてくるし、お土産も類型化してくると考えられた
  • 小さなアイディアが皆のものになっていく意味がよく分かりました
  • 各グループで話し合われた内容の中から徐々に重要な項目が出てきていた。もう少し時間があれば、より効果的な改善策が出てきたかもしれない
  • 試みとして大変ユニーク。ファシリテーターの役割について、もう少し学びたかった

このセミナーのパラメーターとして

参加者数 約65名
時間 100分
プログラムの特長 ワールドカフェ形式会議手法(サイト内での用語解説はこちらへ
授かったナレッジ
  • テーマに対する参加者の知見レベルが一定の水準であることが望ましい
  • テーブルファシリテーターの役割の重要性

コメント

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/voice/169/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
多忙感解消の為の会議術セミナー参加者の声より from カチラボ

ホーム > セミナー参加者の声 > 多忙感解消の為の会議術セミナー参加者の声より

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【上越市】ホワイトボード・ミーティング®フェア 2019 in 上越(7/6)

詳しくはこちらから

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ