ホーム > ヨシザキのつぶやき > ヴィクトール・フランクルの「絶望=苦悩ー意味」という公式

ヴィクトール・フランクルの「絶望=苦悩ー意味」という公式

毎週楽しみにしているNHK総合「爆笑問題のニッポンの教養」。
今夜は、目が見えない、耳が聞こえない東大教授・福島智先生が、爆笑問題のマシンガントークを「指点字」で受け止め、とても興味深い知のバトルが生まれました。

福島先生の専門は「障害学」。これまで医療・福祉・教育の視点で語られてきた課題を、社会や文化という面から捉え直していくという新しい学問分野です。
福島先生によると、障害とは近代になって生まれた概念なのだそうです。産業革命が切っ掛けとなり、社会は大量生産を可能にする均質な労働力を求めました。
それは一定程度の労働に耐えうる身体条件を備えた均質な労働者を必要とする社会でもあったわけだそうです。そこからこぼれ落ちる生産能力の低い人間を “障害者”とひとくくりにしたのだと福島先生は主張します。

また福島先生は、幸・不幸の捉え方について(私にも理解できる)公式を示して説明してくださいました。

ヴィクトール・フランクルの公式

  • 絶望=苦悩ー意味
  • 絶望+意味=苦悩

アウシュビッツ収容所の経験から導きだした公式は、「意味の無い苦悩こそが絶望である」と捉えることだと説かれました。誰しも人生が自分の都合のいい様にいかないことを「不幸(絶望)」と考えてしまいがちですが、その中に意味を見出せばそれは一瞬の状態でしかないということだそうです。

二日つづけてバリアフリーからユニバーサルデザイン、アクセシブルデザイン、そしてノーマライゼーションまで、日頃接点が少ない分野の話が伺えて本当に有意義でした。

コメント

ファシリテーター吉崎 2009年6月11日(木)

燕市のMさまよりメールでコメントいただきましたので、転載させていただきます。

フランクルの公式。たしかにそうかもしれません。しかし、この公式からは、明るい未来が見えてきませんね。アウシュビッツ収容所のなかで、明日死ぬかもしれないぎりぎりの状況での「意味」なのかもしませんね。
(意思でなく「意味」ですね。)
右辺の「意味」を左辺へ移動する式の展開は、価値観を違う角度から見るには良いと思います。面白いです。

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/diary/516/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
ヴィクトール・フランクルの「絶望=苦悩ー意味」という公式 from カチラボ

ホーム > ヨシザキのつぶやき > ヴィクトール・フランクルの「絶望=苦悩ー意味」という公式

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン4】ハナスキ十日町1月勉強会(1/11)

「絶対に解決する話し合いのテーマを創るスキル」(イシューづくり)

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®ベーシックセミナー(2018第1回新潟市)(2018/1/20)

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第33回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(12/26)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ