ホーム > ヨシザキのつぶやき > ファシリテーションって何?を感じさせてくれる「コンセンサス(直接民主制@ウォール街占拠)」

ファシリテーションって何?を感じさせてくれる「コンセンサス(直接民主制@ウォール街占拠)」


まだ記憶に新しい「Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ!/以下はOWS)」というムーブメント。以前ファシリテーター吉崎は、合意形成の手段として使われている「General Assembly(全体集会の意/以下はGA)」の詳細をレポートしました。(その記事はこちらから

今回ご紹介する映像では、OWSにおける全体集会(GA)の様子や運営方法、参加者同士が堅持しようとしている合意の理念が解説されています。

その言葉をかみしめると、ファシリテーションの根底に流れる哲学ファシリテーターとしての在り方(How to be)が理解できると思います。また、ハンドシグナルや人間マイク、スタック表の取りまとめ、GAとワーキンググループとの協働の仕組みは、大規模集会の運営や場づくりへの貴重なサジェスチョンになるでしょう。

以下はファシリテーター吉崎がチョイスしたコメントです。

We amplify each others voices so we can hear each other. There is no hierarchy. お互いの声を増幅させ、皆の声を聞きあおう。ここはタテ型社会ではありません。

「タテ型社会の頂点にいる人が、我々を支配している」という主張から、OWS運動では代表者選出による話し合い(トップダウン式)を取り入れていません。その仕組みこそが、自分たちが否定している「タテ型社会(ヒエラルキー)」そのものだからです。

People come to a consensus meeting in the attitude of, I want to make a decision that everybody is with. I want us to all agree on something. 参加している人たちが望んでいるのは、誰もがよいと思える合意に達すること、その決定の過程に参加すること。

「過程(プロセス)への関わり」は、プロセスデザインを考える上での基本となる考え方です。参加者の関わり方、関わり度合いをファシリテーターは常に注視しなければなりません。

It’s messy, it is complicated and it’s slow sometime, but you have to be willing to take that on. It is in the nuance of things, in the deep hashing out of things, where every feels represented and heard.意見が分かれて、複雑で、時間がかかることもある。でも、それを了解して参加しないといけないわ。真意は言動のニュアンスにあって、とことん話し合わないと出てこない、耳を傾けあう環境でないと出てこない。

「話し合う」行為もいろんな深度があります。深い合意を目指すのであれば、粘り強く、対話を進めなければなりません。その希求が「真意は言動のニュアンスにあって…」を感じ取れるんだと思います。また、参加者が「話し合いのグランドルール」(例:時間の消費<話し合う行為)にコミットしていることが前提になることは言うまでもありません。

ファシリテーターの在り方は、それを目指す人自身が求め続けるものですが、ファシリテーター吉崎は参加者一人ひとりの主体性を認め、意思決定への参加と話し合いの創造性と生産性の向上に努めていきたいと思っています。

コメント

ファシリテーター吉崎 2012年4月1日(日)

「どうしてマイクを使わないのか?」という質問がありました。
映像の公園は、ニューヨークのズコティ・パークだと思います。市の規則で拡声器の使用が認められていないようです。無視して拡声器を使用することで、排除の口実を作らせないために、映像にあるような「人間マイク」の手法を取り入れたようです。
ハンドシグナルもそうですが、連帯を強めるツールになっています。

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/diary/2369/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
ファシリテーションって何?を感じさせてくれる「コンセンサス(直接民主制@ウォール街占拠)」 from カチラボ

ホーム > ヨシザキのつぶやき > ファシリテーションって何?を感じさせてくれる「コンセンサス(直接民主制@ウォール街占拠)」

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン4】ハナスキ十日町4月勉強会(4/5)

「対立を解消し合意を導くスキル」(コンフリクト解消)

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®ベーシックセミナー(2018第2回新潟市)(2018/3/17)

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第36回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(3/27)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ