ホーム > ヨシザキのつぶやき > Webを活用した「ふるさと納税によるファンドレイジング」ってすごい!

Webを活用した「ふるさと納税によるファンドレイジング」ってすごい!

C.Boltanski リネン

C.Boltanski リネン

東京23区を上回る広大な越後妻有地域(十日町市、津南町)に、38カ国・地域のアーティストが350点以上の作品を展示する日本最大級の野外現代アートフェスティバル「大地の芸術祭(ECHIGO-TSUMARI ART TRIENNIAL 2009)」(7/26から9/13まで)をご存知ですか?

2000年の第1回目、広大な野山や集落、街、廃校などにインスタレートされた作品を目の当たりにした時、そのスケールの大きさと質の高さに、ファシリテーター吉崎は腰が抜けそうなくらい感動したことを思い出します。

今回ご紹介したいことは、このイベントの素晴らしさではなく、先進的な「ファンドレイジング(資金調達)」の仕組みです。

思えば第1回目より「大地の芸術祭」は資金調達についていつも苦労されてきたような気がします。(今回も総事業費が約6億5000万円)
そこにプロジェクトの資金調達と広報を支援する「おおへび」として、第3回(2006年)より超一流の経営者であり、現代芸術に造詣と思い入れが深い福武總一郎氏(ベネッセコーポレション代表取締役会長兼CEO)が参画されました。

今回、その福武氏が発案したのが、ふるさと納税と電子決済を組み合わせた寄付金集めの手法なのです。
越後妻有サポートサイト」と名付けられた専用サイトは7/25に開設され、8/26日現在で2,500万円を超える寄付金を集めたとHP上で報告しています。

福武氏がアイディアを出し、株式会社イクリプスの日野水穂社長が企画・構築したこの取り組みの特徴として以下のことが挙げられています。

  • ふるさと納税でクレジットカードによる電子決済を可能にする
  • アート作品を指定して振込ができるようにする
  • 寄付した人たちが交流できるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を用意する

福武氏とすれば、数十年かけて妻有地域の里山を現代芸術の聖地にしようという取り組みに対して、長期的な物心両面の支援とPCや携帯を通じた利便性やネットワーク性の両方を一度に解決できる手法を見つけたとのことでした。
認定NPO法人くびき野NPOサポートセンターで理事を務める会議ファシリテーター吉崎としては、ひろく寄付金を集めて、NPO団体が実施する公共性公益性の高い事業に助成する「くびき野ぐるぐるファンド」の企画と運営に携わってきました。
今回の「ふるさと納税」を利用した「資金調達(ファンドレイジング)」はまったく新しい手法として大変興味深い事例でした。大いに参考にさせていただきます。

福武地域振興財団が運営する「ふるさと納税応援サイト」はこちらから

内閣府による認定NPO法人に関するあらましを紹介したページはこちらから

コメント

ファシリテーター吉崎 2009年8月27日(木)

8/27の新潟日報朝刊に「大地の芸術祭中間来場者数人気上昇 前回比4割増」という記事が掲載されました。
開幕してから22日間で約14万4,200人が訪れたそうです。これは前回に比べ4割増だそうです。
主催者はその要因として、1、お盆休みの時期とかさなった。2、新作が好評でリピーターが多い。3、高速道路1,000円の効果と分析しているようです。
前回(2006年)の最終入り込み客数は約35万人。主催者は前回を上回るべくPRに力を入れて行きたいと語ってました。

あの圧倒的な自然の中にあるアート作品を是非感じてみて下さい。

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/diary/1024/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
Webを活用した「ふるさと納税によるファンドレイジング」ってすごい! from カチラボ

ホーム > ヨシザキのつぶやき > Webを活用した「ふるさと納税によるファンドレイジング」ってすごい!

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン5】ハナスキ十日町10月勉強会(10/4)

「沢山意見を引き出す質問のスキル」(質問技法)詳しくはこちらから

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®高齢者へのサービスが充実するファシリテーションセミナー(新潟市)12/7金曜日夜

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第44回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(11/27)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ