ホーム > セミナー参加者の声 > ベストプラクティス(最善の策)は実践の中に お試しプラン報告vol.1

ベストプラクティス(最善の策)は実践の中に お試しプラン報告vol.1

6/15、社団法人新井青年会議所会員開発委員会様の会議に「会議ファシリテーター」として出席してきました。主催者さまの了解をいただきましたので、レポートいたします。

会議のテーマ    会員オリエンテーション事業のプランニング
成果目標      事業目標の確立→事業イメージの共有化→事業内容の明確化
プロセスデザイン  1、意識共有パート(情報の共有、それに付随した思いの共有) 2、アイディア創造パート(参加者個人のパーフェクトイメージを話してもらい、全体でわかちあい) 3、ブラッシュアップパート 出されたアイディアを分解したり、繋げたり、やり方を変えたり、ひねったりして、より事業目標を達成しやすい状態を探る

担当者様からの感想
吉崎さんのおかげで、頭の中のもやもやをかなり解消でき、より具体的にイメージすることができたと思います。
新人の二人がとてもイキイキと議論に参加してくれていた姿がなによりもうれしかったです。
今後の委員会活動にも、大いに参考にさせていただこうと思います。

今までは、ただだらだらと議論して、早く終わらないかな~なんて感情も沸いてきていましたが、みんな忙しい中でやりくりしている時間ですもの当たり前ですよね。今後はそうならないように意識していこうと思います。

ファシリテーター吉崎利生からのアドバイス
まずは欲張らないこと、単純なストーリー、でも会話する、考えるという展開、コミュニケーションの度合いが高いチームが勝利するという面白さ、どんなことが起こって何が改善されたかをふりかえることができること、以上が重要です。手段が目的にならないように気をつけてください。

ベストプラクティス(最善の策)は計画の中に在るのではなく、実践の中にあると思います。必ず成功しますよ!頑張ってください。
対話とは、まずしっかりと聴くこと

対話とは、まずしっかりと聴くこと

会議ファシリテーターお試しプラン」は随時募集中です。是非エントリーください。

コメント

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/voice/570/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
ベストプラクティス(最善の策)は実践の中に お試しプラン報告vol.1 from カチラボ

ホーム > セミナー参加者の声 > ベストプラクティス(最善の策)は実践の中に お試しプラン報告vol.1

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【上越市】ホワイトボード・ミーティング®フェア 2019 in 上越(7/6)

詳しくはこちらから

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ