ホーム > セミナー参加者の声 > 09/11/29 カチラボセミナーN0,6 「フレームワーク発想術」ふりかえりシートより

09/11/29 カチラボセミナーN0,6 「フレームワーク発想術」ふりかえりシートより

レッドオーシャン&ブルーオーシャンのサークルマップで発想を刺激する!

レッドオーシャン&ブルーオーシャンのサークルマップで発想を刺激する!

去る11/29、「フレームワーク発想術」を開催致しました。ご参加頂きました皆様から寄せられた「ふりかえりシート」をもとに、セミナー報告をさせていただきます。

当日は、三条市や柏崎市、そして長野県飯山市からのお客様も含めて9名の皆様が参加されました。内訳は女性5名/男性4名で、公務員6名、会社役員1名、会社員1名、自営業1名です。公務員の6名さまの内5名が学校に関わるお仕事をされていらっしゃる方でした。また9名様のうちファシリテーションやフレームワークを一度も体験されたことがない方は7名いらっしゃいました。

フレームワーク」という言葉を耳にしたとき、どんなことを想像されるでしょうか? ファシリテーター吉崎の場合は、思考の枠組み思考のプロセス客観的に認識するための手段という意味で使用しております。

今回のセミナーは私の中では野心的な取り組みでした。上手に説明できなかったこともあり、次への課題をたくさん受け取りました。数回実施すれば、ものすごく楽しく、学びが多いものになる予感がします。次回をお楽しみに!

日時 09年11月29日(日) 9:30~12:30
会場 町家交流館 高田小町 多目的集会室(上越市高田本町6-3-4)
講師 会議ファシリテーター 吉崎 利生
参加者数 9名(女性5名、男性4名)
参加費 3,000円
プログラム
  • 導入1 ブリーフィング/チェックイン/アイスブレイク(グループ)
  • 導入2 アイスブレイク インタビューゲーム「わたしの気持ちを一文字にすると」マルチフローマップを利用して
  • 実習1 プロセスを活用したワーク「ユニークで話題になる1,000万円の使い方」(グループ)
  • 実習2 マトリックスとロジックツリー、ブレインストーミング、サークルマップを利用して「年末ジャンボ宝くじ販売額10倍プロジェクト案を策定せよ!」
  • ふりかえり アクションへのコミットメント
主催 Facilitation igo(ファシリテーションアイゴ) カチラボセミナーシリーズ

以下ふりかえりシートより転載

「フレームワーク発想術」の理解度を5段階評価でご記入ください

1レベル 0  2レベル 4  3レベル 5  4レベル 0  5レベル 0

「フレームワーク」は、あなた自身の仕事や活動に活用できそうですか?

活用はむずかしい 0  どちらかと言えば活用はむずかしい 1  活用できるかもしれない 2  自身の努力次第で活用することが出来ると思う 6  すぐに活用することができる 0

今日のセミナーを受講して良かったと思うことは

  • フレームワークの手法の入り口に入れた/職種、職業を越えた交流/自分の目的は達成されました
  • 自分を見つめる機会として/「フレームワーク」…話し合うことの大切さを改めて感じました。
  • 自分自身の考え方の偏りに気付けた/もっと広がりの持てる自分にしたいなぁと思ったこと/色々な人たちともっともっと付き合っていきたいなあと思ったこと/それは自分自身を深めることにつながることがわかった。よかった
  • マルチフローシートやマトリックス…思考の枠組みを使ったこと/職業のちがう人とのコラボレーションによって豊かな発想ができる/ポストイットは手段である
  • 課題解決の流れが具体的な方法を知ることが出来てよかったです
  • とても良い手法を教えていただいたので使いたいです
  • 改めてもっと前に出ようと思うことが出来ました
  • 思考もくせがあるので、思考のトレーニングとして今日は有意義です
  • とにかく色々な発想をどんどん出していくことが大切だなあと思いました/たくさんの意見が、ちょっとずつ形になっていくのが見えてよかった

今日のセミナーを受講して残念に思うことは

  • 後半、課題を十分に理解して活動に臨めなかったかも…
  • 特にないですが…自分自身の頭の固さがわかってショックです
  • 自分の発想が貧しい
  • 「1,000万円」の問題は、どういうことを考えるものなのか、最初よくつかめなかったです
  • もっと時間が欲しかった
  • 前に出れなかったこと、もっと積極的になりたかった
  • 遅刻してごめんなさい
  • 自分の頭のかたさにガックリ…

その他気がついたことをお書きください

  • 自分を見つめる機会を持ち続けること
  • 自分の都合で午後から参加できません、もっと自分に時間があるようにしたかった
  • 「宝くじ」の問題など、具体的な課題についての解決策をより深く考える作業をやってみたいと思いました
  • グループをまとめる楽しさを感じました

ファシリテーター吉崎のふりかえり

良かったこと 上越地域以外からのお客様をお迎えできたこと/私のようなセミナーでも観光資源になると感じた(参加者は昼食に有名なラーメン屋で食事をし、町家の散策を楽しんでいた/前から実施したかった「フレームワーク」についてセミナーを開いたこと。御陰で大客観を少し感じることができた

残念だったこと プログラムの精査が甘く、深い理解を促すことができなかった/自分自身のプログラムを単純化した方がいいと感じた

次回へのフィードバックとして 12/23の上越会場でもう一度リターンマッチを行いたいと思います。お楽しみに!

コメント

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/voice/1385/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
09/11/29 カチラボセミナーN0,6 「フレームワーク発想術」ふりかえりシートより from カチラボ

ホーム > セミナー参加者の声 > 09/11/29 カチラボセミナーN0,6 「フレームワーク発想術」ふりかえりシートより

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン4】ハナスキ十日町1月勉強会(1/11)

「絶対に解決する話し合いのテーマを創るスキル」(イシューづくり)

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®ベーシックセミナー(2018第1回新潟市)(2018/1/20)

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第33回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(12/26)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ