ホーム > ヨシザキのつぶやき > 時に笑い、時に泣く 自分の癒し方

時に笑い、時に泣く 自分の癒し方

私が暮らす上越地域には、「高田瞽女(ごぜ)」と呼ばれる盲目の女性たちの芸能組織が昭和40年くらいまでありました。「瞽女さんがおいでなった」と村中にふれが出れば、その夜は大勢の村人が「瞽女宿」に集まり、披露される歌の他に他所の世間話や農作物の話題、縁者知人の消息なども話をしたそうです。
瞽女についてもっと知りたい方は、「小竹勇生山の瞽女宿」の詳細ページへ
瞽女さんが披露する代表的なものとして、祭文松坂や葛の葉子別れ、口説などの悲恋、無情ものがあります。他には暗喩や隠喩をもちいた男女の中を歌うものなどがあります。

「瞽女さんが歌う、この世にあってはならないような悲しい歌を聴きくことで、みんな泣くことができるんだよ。特に女性は泣きに行っていたのかもしれない。」と、昔々ある古老が私に話してくれたことを今でも鮮明に憶えています。
男女の立場、嫁姑の立場が今よりも厳しかった時代では、女性とくにお嫁さんはおおっぴらに泣けなかった、瞽女さんが歌う悲しい歌を聞き、歌の主人公と自分を同化させ、その遣る瀬なさ、悲しさのはけ口として大いに泣くことができる。というのが古老がいう「泣きに行っていた」ということです。

翻って見ると、人それぞれ自分の癒し方、現状からの解放のやり方を持っていると思います。
私自身の場合を考えると、DVDによるミュージカル映画を見ること、落語を聞くこと、ロバート・B・パーカーの小説を読むことでしょうか。絵を見ることも好きです。数年前に国立近代美術館で見た「藤田嗣治」のパリ時代に描かれた裸婦の色の美しさは、まるで真珠のようでした。

「自分のことは自分が一番よくわかる。」とよく言いますが、「自分以外の人が抱くイメージ」と「自分が自分自身を理解しているイメージ」は、ズレが生じると言われています。
そのズレの存在に気がつくこと、そのズレの内容を認識できることが大切なのでしょう。
自分を客観視することは容易なことではありません。私自身も達成できているとは思いません。
ただ、自分のストレスに気付く、自分を解放してあげる(時に泣いてみる)、他人の意見や批評を受け入れてみることだけは、忘れないようにしたいと思っています。
こだわりも、わだかまりもなく、時に笑い、時に泣くことこそ人間の生きる証と思います。

コメント

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/diary/532/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
時に笑い、時に泣く 自分の癒し方 from カチラボ

ホーム > ヨシザキのつぶやき > 時に笑い、時に泣く 自分の癒し方

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン4】ハナスキ十日町1月勉強会(1/11)

「絶対に解決する話し合いのテーマを創るスキル」(イシューづくり)

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®ベーシックセミナー(2018第1回新潟市)(2018/1/20)

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第33回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(12/26)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ