ホーム > ヨシザキのつぶやき > 鎌田浩毅式「棚上げ・不完全法」で維持できる学習モチベーション

鎌田浩毅式「棚上げ・不完全法」で維持できる学習モチベーション

DSC01349今から2ヶ月前、大凡の方は「今年こそは…!」とやってみたいこと、成し遂げたいことを願ったことでしょう。
ところが…桃の節句も過ぎて年度末を迎える今頃、多くの方は「最初の挫折」を感じるのではないでしょうか。
ファシリテーター吉崎もそんな一人…でした。

今年の目標のひとつに「英語の本を読む」というものがあります。何を読みたいかというと…。
・ファシリテーション関係の学術書やレポートなど
・ロバート・B・パーカー作品の原書 とくに「初秋(early autumn)」
この目標を達成するために1月下旬から左記の本をアマゾンで購入し読んでおります。
しかし、これが挫折の連続…でもあきらめるのも癪だからと、克服のための知恵を探しました。

辞書引き学習法を試すが、モチベーションがガタ落ちに

あたりまえですが、表紙をひらけばすべて英語。いやいや開かなくても本全体がすべて英語で書かれています。ファシリテーター吉崎は、まず「辞書引き学習法」を試しました。「わからない単語の書き出し」、続いて「辞書で単語の意味を調べ」、「チェックしながら読み進める」というやり方です。

陰山英男先生の提唱する立命館式「辞書引き」学習法は小学生に効果絶大ですが、いい大人の私はモチベーションが下がる一方でした。なぜなら理解できない単語が1ページに30カ所以上あり、上記のプロセスを踏んだ場合、辞書を引くだけで1時間以上かかってしまいます。
また、単語の意味を書き出したのはいいのですが、上手く意訳できず苦労の割には内容に対する理解は進みませんでした。
また、年齢から来るハンディキャップ(細かい文字を見るのが辛くなってきております)も手伝い、モチベーションがなかなか上がってきません。

「3回音読法」を利用した「なんとなくわかる」ことの喜びがモチベーションを維持する

「辞書引き」をあきらめ、次に行ったことは「3回音読法」です。早い話、なるべく複数回同じ箇所を声にだして読むというやり方です。
音読することは大変(はずかしい…)なのですが、なんとなく意味が分かってくるという効果がありました。また「英語の本を読んでいるんだぞ!」という気分的な高揚感も感じました。(単純!)
「なんとなくでいいの?」というご心配もあるでしょう。ファシリテーター吉崎としては、何となくでもいいから、どんどん読み進めることで、本の中から新しい気づき刺激を得ることの方が大切だと思ってます。
そんな私の取り組みを裏付けてくれる学習法を発見しました。それは火山学者の鎌田浩毅(京都大学大学院教授)先生が紹介する「棚上げ・不完全法」です。

「棚上げ・不完全法」とは学習法にあらず、究極の時間活用法である

文科系の人が陥りやすいのが「完璧主義の落とし穴」なのだそうです。まさにファシリテーター吉崎が最初に試したやり方は、「完璧主義(をめざした)読解法」でしたね。結果として、理解は進まず、やる気もなくなりました。
鎌田先生の言葉をかりると…

「棚上げ法」や「不完全法」を実践することで、わからないことや、未達成なことがあっても、まず全体の把握期限内の完成を念頭に、一気に進むことが可能だ。細かいことを気にしないので、これは意外と気楽なものである。
不完全を許容できない文系の人間が、完璧を求めるあまり陥る「不安」の「底なし沼」にはまることもない。メンタル面においても優れた戦術といえるだろう。時間をうまく活用していくことができるのは、いい加減を「良い加減」で使いこなせる人だ。(web版プレジデント3/23配信の内容から抜粋/強調は吉崎によるもの)

鎌田先生は「日常カイゼンのコツ」として3つのポイントをご紹介してくださいました。

  1. わからないことは飛ばして進む
  2. 不完全になる勇気を持つ
  3. いい加減を「良い加減」で使いこなす

以上だそうです。私も心したいと思います。
ちなみに「A field guide of visual tools of using」は読み終わったらご報告いたします。

「棚上げ・不完全法」に関する鎌田浩毅先生の寄稿はこちらからリンク。

コメント

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/diary/1628/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
鎌田浩毅式「棚上げ・不完全法」で維持できる学習モチベーション from カチラボ

ホーム > ヨシザキのつぶやき > 鎌田浩毅式「棚上げ・不完全法」で維持できる学習モチベーション

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【おかげさまでシーズン4】ハナスキ十日町1月勉強会(1/11)

「絶対に解決する話し合いのテーマを創るスキル」(イシューづくり)

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
ホワイトボード・ミーティング®【新潟】
ちょんせいこさんが開発した「元気になる会議(ホワイトボード・ミーティング®)」のスキルを愚直に学び合う勉強会を各地で開催しています。

ホワイトボード・ミーティング®ベーシックセミナー(2018第1回新潟市)(2018/1/20)

詳しくはこちらから

ホワイトボード・ミーティング®気軽な勉強会第33回【新潟】第4火曜日勉強会(上越)(12/26)

ホワイトボード・ミーティング®を職場や活動に導入したい!

企業や団体、市民活動の中でホワイトボード・ミーティング®を活用したい方を応援します。手軽な体験セミナーからじっくり学ぶ1日セミナーまで、目的や人数に合わせて多様なプログラムを提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ