ホーム > ヨシザキのつぶやき > 10/8 大木理恵・奥田恭子ハープ&ハープコンサート レポート

10/8 大木理恵・奥田恭子ハープ&ハープコンサート レポート

優雅に、時に大胆に・・・

優雅に、時に大胆に・・・

「音楽や芸能をもっと身近に感じて、親しんでほしい」という願いから始まった「One Coin Concert けやきの森の音楽館」。

10/8夜、大木理恵さん、奥田恭子さんという新進気鋭のハープ奏者による「ハープ&ハープコンサート」が妙高市文化ホールのホワイエにて開催されました。

お二人のMCにもありましたが、ハープ2台だけで行うコンサートはとてもめずらしいらしく、お二人とも初めての経験だそうです。
パンツルックを召されたお二人はとてもスリムで、あの大きなハープをどのように演奏されるのかと訝しがりたくなるほどの繊細さを感じました。

しかし一曲目の「歌の翼に(メンデルスゾーン/サルツェード編曲)」を聴いた時、ハープデュオ演奏が創りだす音の優雅さと、お二人の確かなテクニック、豊かな感性に一発で魅了されました。
クラシック音楽やオペラ、映画音楽などからの選曲では、いつも聴いている曲とハープ用にアレンジされた曲の違いを楽しむことができました。

そしてハープの為に作曲された作品では、私が持つハープという楽器の音色や演奏方法のイメージを覆されるような斬新で冒険的なアプローチを随所に感じることができました。

全体を通じた私の感想は、幸福と感嘆です。
大木理恵
さん、奥田恭子さん、お二人の全身を使った渾身の演奏を間近で聴くことができたことは、非常に幸せでした。
そして、ハープという楽器に対して私が抱いていた固定観念がどこかに消え去りました。代わって、ハープとはドラマチックな演奏も可能な表現力豊かな楽器だと感じました。

あともう一つ興味深かったのは、「ハープの構造」です。皆さんは、ハープにペダルが7つも付いていることをご存知だったでしょうか?
解説では「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の7音に一つずつベダルが割り振られており、ベダルは担当する音を「半音上げる・ナチュラル・半音下げる」という具合に変化させるために付いているそうです。
やはり「生音を聞く」ということ、「アーティストから直接話を聞く」ということは何事にも代えられない経験だということをあらためて認識いたしました。
そんな切っ掛けを与えてくださった大木理恵さんと奥田恭子さんのお二人に感謝致したいと思います。今後のご活躍をご祈念致します。

プログラムは以下のとおりです

  • 歌の翼に(メンデルスゾーン/サルツェード編曲
  • アヴェ・マリア(シューベルト/トーマス編曲)
  • 魔笛(モーツアルト/小林秀雄編曲)
  • モルト・アレグロ〜交響曲第40番より〜(モーツアルト/井上久美子編曲)
  • パルヴィ〜行列とダンス〜(アンドレ)

休憩(インターミッション)

  • ラプソディー(グランジャニー) 奥田恭子さんソロ演奏
  • ノクターン(グリンカ) 大木理恵さんソロ演奏
  • コサック(マリア) 1台のハープをお二人で同時演奏
  • 愛の讃歌(モノ/奥田恭子、新井薫編曲)
  • サウンド・オブ・ミュージック(ロジャース/出口雅生編曲)

コメント

ババシン 2009年10月16日(金)

お疲れ様です!いつもご協力ありがとうございます。
明日も、妙高市市民活動見本市よろしくお願いします!

コメントフォーム
情報を記憶する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachi-labo.com/diary/1306/trackback
次のリストは、この記事を参照しています
10/8 大木理恵・奥田恭子ハープ&ハープコンサート レポート from カチラボ

ホーム > ヨシザキのつぶやき > 10/8 大木理恵・奥田恭子ハープ&ハープコンサート レポート

カチラボ主催セミナー情報
「2019年末までに新潟県内の企業や団体に、支援型リーダーを1,000人養成し、人材のインフラづくりに貢献する」ことが、会議ファシリテーター吉崎利生の5年ビジョンです。

【上越市】ホワイトボード・ミーティング®フェア 2019 in 上越(7/6)

詳しくはこちらから

もっと支援型リーダーを育成したい!「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」の主催者募集中!

地域や団体、職場に支援型リーダー(ファシリテーター)を育成したいと思っている皆さん。育成プログラム「話し合いのスキル勉強会(ハナスキ)」を開催してみませんか?興味のある方はお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから
プロボノで、ワールドカフェ開催を応援します!

【終了しました】ワールドカフェの創始者アニタ・ブラウンさんがホスティングするワールドカフェを体験出来る!

(10/25)「ワールドカフェ20周年記念イベント」詳しくはこちらから

ワールドカフェを開こう!

2名から数千人までの規模で開催可能な対話型会議手法「ワールドカフェ」が今注目されています。ファシリテーター吉崎は新潟県内にワールドカフェを普及させるためワールドカフェ開催応援プランを企画致しました。お気軽にこちらからアクセスください。

講演会等のご依頼について(自治体/NPOの皆様向け)
新しい公共づくり、お任せ型自治と持寄り型自治、市民活動とNPO、市民と行政の協働のあり方、地縁型コミュニティと分野型コミュニティ、町内会や地域づくり協議会の活性化策などをテーマにお話させていただきます。また、2名から2,000人まで開催可能な参加型会議(ワークショップ)の企画運営、ファシリテーター派遣も喜んで承ります。お気軽に「お問い合わせ」からアクセスください。
ファシリテーター 吉崎利生
吉崎利生
新潟県妙高市在住のファシリテーター吉崎利生が発信しています。
皆さんのビジネスの現場や地域を元気にします。
詳しいプロフィールはこちら
検索
フィード
管理者用

このページの先頭へ